ブログ型アフィリエイト2ヶ月目の結果を公開【いまだ収益ゼロ】

AFFILIATE

アフィリエイト2ヶ月目の結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • アフィリエイトの2ヶ月目がどのようなものか知りたい
  • アフィリエイト2ヶ月目のPVや収益がどれくらいか知りたい
  • アフィリエイト2ヶ月目の気づきがあれば知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

現在はプログラミング関連の記事がメインですが、進展があればアフィリエイトの記事も書いていきたいと思います。

この記事では、現役のエンジニアが、アフィリエイト2ヶ月目の結果について、語ります。

アフィリエイト2ヶ月目の成績

アフィリエイト2ヶ月目の成績

まず、当ブログ「nekoroblog.com」のアフィリエイト2ヶ月目の成績は以下のとおりです。

ユーザー数 122 人
PV数 170 PV
アフィリエイト収益 0 円
アドセンス収益 0 円

アフィリエイト2ヶ月目も、想定どおり、1ヶ月目と大差がない結果に終わりました。
※自分自身のアクセスは除外しています。

やはり、新規ドメイン取得から検索結果に表示されるまで、毎日更新をしていても、かなりの時間がかかることがわかります。
ただし、毎日更新とツイートをしていたためか、1ヶ月目よりはユーザー数・PV数ともに増えています。

アドセンスに関しては全く広告を貼っていないのと、アフィリエイトについてもあまり考えて貼っていない状況なため、マネタイズにはまだまだ課題があります。
当面は、マネタイズ以前に絶対的なユーザー数・PV数を増やすところから始めるべきだと考えています。

ブログで挫折する人の多くが最初の1ヶ月目と3ヶ月目、半年目、1年目という節目だと思うので、ここを乗り越えない限りは、ユーザー数・PV数・収益のいずれに関しても碌に結果を出せないのではないかと思います。

そのため、当ブログの次なる目標は、とりあえず、最初の3ヶ月目までの毎日更新です。
やはりブログは量をこなさないと質も向上しない気がします。

アフィリエイト2ヶ月目の内容

アフィリエイト2ヶ月目の内容

アフィリエイト2ヶ月目で行なったことは主に以下のことです。

  • 選定したキーワードの記事の毎日更新
  • ツイッターで毎日記事をツイート
  • アフィリエイトの記事を一つだけ更新

よかった点

  • 継続する力がついたこと
  • 振り返るとコンテンツがかなり増えていること
  • 調べたりしたことが仕事でも役に立つこと

継続する力がついたこと

ブログを始めた当初は、もしかしたら1ヶ月目で挫折するかもしれないと思っていましたが、なんだかんだ2ヶ月間毎日更新をし続けることができました。

このブログは、自分にとっては実験的にやっているところが多いです。

「アフィリエイトは本当に稼げるのか」
「一度は本気でやってみたい」
「コンテンツを溜めていきたい」

このような思いから、モチベーションを上手く保てています。

アフィリエイトサイトの構築を目指す人のブログを調べると、1ヶ月間更新をしていて「2ヶ月目もがんばるぞ!」というところで更新が止まっていたりする人も結構多かったので、無事3ヶ月目に入れたことは自分でも、よくやったな、と感じます。

もし結果を急ぐのであれば1日に複数回更新をすべきなのかもしれません。
しかし、本業がある方にとって、それはほぼ無理だと思います。

私の場合は、とりあえずコンテンツ作りを気長にやって、その変化を見ていきたいと思います。
成功している人が最低でも1年弱分の記事更新を続けているので、そこまで続けないと何も得られないんじゃないかと覚悟しています。

今は検索結果に載ってすらいないので、リライトをやろうと思ってもやれない状況ですので、とにかく毎日更新をしつつ、結果を待ちたいと思います。

振り返るとコンテンツがかなり増えていること

書いているときはかなりつらいものですが、振り返ると自分が作ったコンテンツがたくさん溜まっていて、少し達成感があります。

収益化の観点で言えば、もしかしたらゴミ記事かもしれません。しかし、「文章を書く力」や「発信する力」、「調べる力」、「まとめる力」などは少しずつですが、鍛えられているはずです。

私の場合、本業の方で人に教える機会があり、プログラミング関連の記事を書くにあたって調べたこと・まとめたことなどがかなり役に立っています。

一度コンテンツを作ってしまえば、あとで方向転換する際にも、そのコンテンツを活かせるので、決して損にはならないんじゃないかと思っています。

実際、ブログを書かなかったとして、それで浮く時間を私たちは何に使うことになるでしょうか。
どうせたいしたことに使わないですよね。遊んだり、ぼけーっとしたりして時間を浪費することになるだけでしょう。

それなら、将来の為にコンテンツを作ることの方が長期的に見たら大事なことのような気がします。

調べたりしたことが仕事でも役に立つこと

本業の方では、人に教える仕事も含まれるので、ブログを書くのに調べたこと・まとめたことをそのまま活かせるのと、仲間のエンジニアやお客さんと話をするときに、ブログを書いている分だけ、自分の知識量が増え、視野も広がっているため、話の引き出しも多くなります。

仕事には勉強がつき物であることはよく言われますが、私の場合は、ブログを書くことが勉強にもなっているわけです。ブログそのものを見るとまだ成功しているとはとても言えませんが、本業の勉強も同時にしていると考えれば、ブログを書く行為は、一石二鳥なのではないでしょうか。

なんでもそうですが、「お金を稼ぐ」というのはブログ運営の大きな目的の一つではありますが、「お金は後からついてくる」というスタンスも大事ではないでしょうか。
労働に値段を付けるのは、自分自身ではなく、あくまで他人だからです。
100%お金目当てですと、たぶんブログ運営は続かないんだと思います。

よくなかった点

  • 時間がかなり削られる
  • グーグルから嫌われているのかというくらい載らない
  • キーワードがなくなりかけている

時間がかなり削られる

毎日更新はかなり時間を持っていかれます。
かなり暇な日もあれば、かなり忙しい日もあり、どんなときであっても2~3時間ブログに割かなければいけないのは普通につらいことです。

でも、つらいと思う度に思うことがあります。

「じゃあ、記事を書かなかったとしたら、何をしているの?」

おそらくたいしたことをしていないでしょう。

もし本当にブログ運営よりももっと大事なことがあるなら、無理にブログ運営をしなくてもいいかもしれません。
例えば、結婚を前提にしたお付き合いをしているとか、本業の仕事が今書き入れ時とか。

しかし、そういう事情がある人ってそこまでいないと思います。
言い訳を考えずに、時間と向き合うということも大事だと感じた2ヶ月目でした。

グーグルから嫌われているのかというくらい載らない

前にブログを運営していたときは、もっと簡単に載ったような気がします・・・。
それこそ、1ヶ月目でアドセンスで数千円の広告収入が得られるぐらいのPV数を獲得できていたはず。

しかし、グーグルのアルゴリズムはしょっちゅう変わるということもありますし、当ブログの記事が主にプログラミングに関する記事で、そこまでPV数を稼ぐようなジャンルではないことが今回は大きな要因になっているのでしょう。

プログラミング以外の記事を書いて、何か一発当てた方がいいんじゃないかとも考えましたが、それって結局プログラミングの記事を全く活かせてないよなーと思いました。

やはりプログラミングのキーワードで上位を取りたければ、プログラミングに関する記事をひたすら書くしかないのではと思っています。

仮にプログラミングとは無関係の記事で一発当てることが、プログラミングの検索結果にも影響するのだとしても、一発当てること自体難易度が高く、簡単にできるものではないですよね。

アフィリエイトは相当厳しい世界の気がします。

キーワードがなくなりかけている

毎日「プログラミング ○○」のキーワードを選び、記事を書いていますが、2ヶ月も更新していると、さすがにキーワードの残りが少なくなってきます。

キーワードプランナーで検索ボリュームのあるキーワードに関しては、ほぼ全部使い果たした感があり、今は検索ボリュームを一切見ずに、ひたすら上がっているキーワードを選び記事を書いています。

このままいくと3ヶ月目の途中で、プログラミング関連のキーワード選定で挫折しそうな感じがしますが、もしそうなれば、近いキーワードとして、「プログラマー」や「エンジニア」などを使っていきたいと思います。

「アフィリエイト」のキーワードも狙っていきたいですが、これに関しては完全にポジショントークなので、成功しないと信憑性のある記事を書きようがないです。

私がこうして「プログラミング」の記事が書けるのも、本業でプロとして仕事をしているからであって、そのために信頼も得られています。

しかし、まだ成功してもいないアフィリエイトの分野でアフィリエイトに関する記事を書いたところで、見向きもされないですよね。

ホームレスが「私お金持ちなんです」なんて言っても誰からも信用されないのと同じです。

今は自分の専門性が生かせるキーワードで記事を書いていきたいと思います。

アフィリエイトで意識すべきこと

アフィリエイトで意識すべきこと

2ヶ月目でつかんだことをもとにして、アフィリエイトで意識すべきことは以下のとおりです。
これは読者の皆さんというよりは、自分自身に対してのコミットメント色の方が強いです。

  • かなり量をこなす必要がある
  • バズる記事の一つや二つ書くべきかもしれない
  • 被リンクが増えないと厳しいかもしれない

かなり量をこなす必要がある

正直2ヶ月目でSEO的にそれなりに大きな変化があるんじゃないかと期待していたんですが、何も変わらなくてちょっとショックでした。

やはり甘い世界ではないようです。キーワードプランナーで競合が「低」になっているキーワードでも検索結果に上がってこないのが実情です。

グーグルにとって、当ブログはまだみきわめの期間なのかもしれませんし、ただ単にコンテンツの価値がないと判断されているのかもしれません。
そこはわからないですが、多くのブロガーが言うように、こういうときは「量が足りていないことが圧倒的に多い」ということなんでしょう。

それはコンテンツの量の話かもしれないですし、経験の量の話かもしれません。
いずれにしても毎日更新をもう少し続けないと何も得られることはないと思っています。

バズる記事の一つや二つ書くべきかもしれない

プログラミング以外のキーワードで、かなりのアクセスを集められるようなトレンド記事でも書いた方がいいのでは、と思っています。

しかし、トレンド記事を見に来た人が、果たしてプログラミングの記事もあわせて読むかと聞かれると、ちょっと疑問に思います。
おそらく全く違う層になると思うので、バズらせてプログラミングの記事も見てもらうというのは何か違う気もしています。

たとえ、相乗効果があるにしても、バズらせること自体が難しいですが(笑)

今はとりあえずプログラミング関連の記事を更新し続けることにして様子をみてみます。

被リンクが増えないと厳しいかもしれない

ブラックハットSEOというのが昔はさかんでした。
やはりこのあくどい手を使わないとダメなのかと思ってしまいますが、これはこれでとても危険な賭けだと思います。

でも逆に言うと、この手を使わなければ上位に上がれないということは、記事の質が悪いってことですよね。
それって本質的には間違っていると思いませんか?

「理想論よりも結果論」と言われるかもしれませんが、本質的に履き違えてると、絶対長続きはしないと思うんですよね。
私はできれば長く続けていきたいので、中身のあるコンテンツのために、当面はホワイトハットSEOで対応していけたらと思っています。

何か意見交換をされたい方がいらっしゃいましたら、ぜひツイッターの方で交流できればと思います。
今後ともよろしくお願いします。