ブログ型アフィリエイトを毎日更新で200記事達成!【PVや収益を公開】

PROGRAM

ブログ型アフィリエイトを毎日更新で200記事達成時の結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • アフィリエイト200記事達成時がどのようなものか知りたい
  • アフィリエイト200記事達成時のPVや収益がどれくらいか知りたい
  • アフィリエイト200記事達成時の気づきがあれば知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

現在はプログラミング関連の記事がメインですが、進展があればアフィリエイトの記事も書いていきたいと思っています。

この記事では、現役のエンジニアが、ブログ型アフィリエイトを毎日更新で200記事達成時の結果について、語ります。

アフィリエイト200記事達成時の成績

アフィリエイト200記事達成時の成績

まず、当ブログ「nekoroblog.com」のアフィリエイト200記事達成時の総成績は以下のとおりです。

ユーザー数 1770人
PV数 3069PV
アフィリエイト収益 0円
アドセンス収益 408円

※自分自身のアクセスは除外しています。

ブログ型アフィリエイト200記事目というと、1ヶ月3000PV~1万PV程度出してもおかしくない記事数ではありますが、当サイトの場合はこのような低調な結果となってしまいました。

さりとて、全く手ごたえがないかと言われるとそんなこともなく、ここまでで3069PVもあるわけですから、多くの人に見て頂いたことには変わりありません。ありがとうございます。

やはり、PV数に関してはリライトが全くできていない点、収益に関しては広告の配置を適当に行っている点が響いているような気がします。

さすがにSNSからの流入の方が多い時期はとっくに通過しましたが、サーバのレンタル費用を考慮するとここまで赤字なので、ブログ運営開始1年到達前までには最低でも採算が取れるようにしたいところです。

現状では、今後ももし採算が合わなければ、運営スタイルの方向転換やサイトの閉鎖を考えています。

アフィリエイト200記事達成時の内容

アフィリエイト200記事達成時の内容

アフィリエイト200記事達成時までに行なったことは主に以下のことです。

  • サーバ契約とドメイン取得
  • サイト全体にアドセンス広告を自動配置
  • アフィリエイト広告は少数のページに集約
  • 選定したキーワードで記事の毎日更新
  • ツイッターで毎日記事を宣伝
  • アフィリエイトの記事を7つ更新
  • トレンド記事を2つ更新
  • 狙ったキーワードは7つ

よかった点

  • 継続する力が身についた
  • 2000人弱の方に見てもらえた
  • ブログ型アフィリエイトの難しさがわかった

継続する力が身についた

率直に言うと、最初の1ヶ月は本当に苦行でした。

当時は「これから毎日更新をしていくことは絶対に無理」とどこかで考えていた自分がいて、まさか200記事まで毎日更新できるとは思っていなかったです。

一度継続する力が身につくと、ブログを書くという行為が、日課になっていくので、シャワーを浴びたり、部屋の掃除をしたりなどと同じように、自然とできるようになってきます。

筆者の場合は3ヶ月経つか経たないかの段階で毎日更新が苦には思わなくなり、日課に溶け込んだのは150記事目に到達した程度でしょうか。

継続力を手に入れられたら、あとは質だと思っています。

当サイトは現時点では成績があまり芳しくないため、「継続力×改善力」という式が間違いなく成り立つと思います。

2000人弱の方に見てもらえた

成績があまり良くないとはいっても、ここまでで2000人弱の方に当サイトを見て頂いているので、大変ありがたく思っています。

ただ、内訳としては競合や検索ボリュームがかなり少ないキーワードでの流入が多くなっているので、一発あてたとかは特になく、ちりも積もって2000人弱というような状況です。

200記事で半年運営した結果の総ユーザ数が2000人弱と総PVが約3000というと、決して高くないので、改善を通してもっと魅力的なものにしていく必要があることを感じています。

とりあえず記事を毎日書けば、ユーザ数やPV数は確実に増えるということだけはここで断言できます。

ブログ型アフィリエイトの難しさがわかった

記事を毎日更新しても実際の成績はこんなもんなんだなと、ブログ型アフィリエイトの難しさを知れただけでも大きな成果だと個人的には思っています。

マナブさんやイケハヤさんなどの著名ブロガーの方が発言すると、月100万の収益は簡単そうに見えますが、実際はそんなことはありません。

彼らはマナブさんの言うように「鬼の継続」と「鬼の改善」を実践し続けたのでしょう。

たしかに一度有名になってしまえば、あとはポジショントークで高い位置を維持しやすいと思うのですが、それまでの努力は並々ならぬものがあったに違いありません。

筆者の場合は「鬼の改善」が明らかに足りていないので、ここが200記事目からの課題になります。

よくなかった点

  • 全体的に掲載順位が低い
  • 収益化に関する対策の不足
  • 競合サイト分析にあてる時間の不足

全体的に掲載順位が低い

200記事あるということは200個のキーワードがあるわけですから、この全ての順位を上位に持っていく必要はないと思っています。(できないと思います。)

しかし、当サイトの平均掲載順位は46.6位と圏外に近いです。

もちろん検索結果1ページ目に表示されるような上位のものもいくつかありますが、それらはもともと競合が少なかったり、検索ボリュームが少ないものです。

ここからわかることは、競合サイトの分析が不足しているということです。

競合サイトに勝てるコンテンツを提供することなしには、この順位を上げることは絶対にできないので、やはり「鬼の改善」が重要となってきます。

収益化に関する対策の不足

収益化に関してはあまり上手くやれていません。

実際に、アドセンス広告はサイト全体に自動で配置してもらい、アフィリエイト広告は少数ページに1箇所貼るだけというやる気のなさです。

この理由は、個人的には収益化よりもまずは集客の方に力を入れるべきだと考えているためです。

例えば、視聴率の取れない番組を深夜帯に流す理由は、集客が少なくそれに伴い収益が少ないからですね。

同じようにブログに関しても集客が少ないうちから収益化をしても、たいした収益は上がらないので、まずは集客の方が先だと思っています。

競合サイト分析にあてる時間の不足

競合サイト分析は非常に重要だと思っています。

これは、200記事にもなり量的には問題ないはずなのに成績が良くない理由を考えたときに、間違いなく出る結論です。

筆者の場合は本業やプライベートが忙しくなり、時間が確保できなかった理由が主な反省点です。

そして、今後に関しても、まとまった時間を確保することは難しく、今考えているのは、とりあえず1年間毎日更新を行い、それから毎日更新をやめて毎日改善をしていくという方法です。

理想としては、毎日更新と毎日改善なのですが、時間がないと両方を行っていくことは難しいです。

アフィリエイトで意識すべきこと

アフィリエイトで意識すべきこと

200記事達成でつかんだことをもとにして、アフィリエイトで意識すべきことは以下のとおりです。
これは読者の皆さんというよりは、自分自身に対してのコミットメント色の方が強いです。

  • 毎日更新にこだわらなくても良さそう
  • 付加価値の高い記事を書くことに専念
  • 収益化はPVが獲得できてからでも良い

毎日更新にこだわらなくても良さそう

筆者は毎日更新をしてきましたが、良い成績は出ていません。

良い成績を出すためには、競合分析やリライトが重要となってきそうです。

もちろん毎日更新も大前提の条件なのかもしれませんが、200記事で月収益数万円という方はざらにいるので、この量まで来れば、必ずしも毎日更新にこだわらなくても良いのではないかと思います。

付加価値の高い記事を書くことに専念

「毎日更新」や「記事の文字数は3000文字以上」というようなフレーズをよく見かけます。

実際に、筆者は愚直にこれらを実践してきましたが、それでも成績が芳しくないため、問題はそこではないようです。

重要なことは、こんな小手先の技よりも、付加価値の高い記事を書くことだと思います。

具体的には、既に上位を取れているサイトから記事の構成を盗むということが大事だと思います。

さらにその上で自分にしか付けられない付加価値を付けて行く、このことに尽きると思います。

収益化はPVが獲得できてからでも良い

収益化はまず人に見てもらえるようになってからで十分でしょう。

ここでPVというのはサイト全体のPV数ではなく、ページ単位で考えた方が良いです。

例えば、アフィリエイト広告では1件成約するだけで数千円の報酬がもらえるところも少なくありません。

そう考えると、あるページに月100以上のPVがあれば、収益化した方が良いと思います。

筆者の場合はまだそこのラインにすら立てていないため、収益化を深く考えていない状況です。

一方、アドセンス広告はただただPV数の量だけが重要となるので、かなり集客ができてからでも良いと思います。