ブログ型アフィリエイトの毎日更新を1年間続けてみた結果

AFFILIATE

ブログ型アフィリエイトの毎日更新を1年間続けてみた結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • ブログ型アフィリエイトの1年間がどのようなものか知りたい
  • ブログ型アフィリエイトの1年間のPVや収益がどれくらいか知りたい
  • ブログ型アフィリエイトを1年間続けた後の気づきがあれば知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

現在はプログラミングやエンジニア関連の記事がメインですが、進展があればアフィリエイトの記事も書いていきたいと思っています。

この記事では、現役のエンジニアが、ブログ型アフィリエイトの毎日更新を1年間続けてみた結果について、解説していきます。

ブログ型アフィリエイトの1年間の成績

ブログ型アフィリエイトの1年間の成績

まず、当ブログ「nekoroblog.com」のブログ型アフィリエイトの1年間の成績は以下のとおりです。

ユーザー数 6322人
PV数 9801PV
アフィリエイト収益 7000円
アドセンス収益 2785円

※自分自身のアクセスは除外しています。

当ブログもなんとか1年間、毎日更新を続けていくことができました。
これもひとえにツイッター等を通じて記事を読みに来て下さる方々のおかげです。
今年はうるう年でしたので、記事数は2020年6月13日時点で合計366記事となっています。
残念ながらアフィリエイト収益やアドセンス収益はあまり期待されるような結果とは言えないと思います。
これは筆者が怠惰に更新をしていった結果であると実感しており、今後はリライトを加えてさらに魅力的なコンテンツに変えていく予定です。
1年間の結果から読み取れることとしては、収益が大体1PV=1円となっていることであり、筆者も含め初心者の方にとってはまずは集客を優先させるべきということが確認できると思います。

ブログ型アフィリエイトの1年間の内容

ブログ型アフィリエイトの1年間の内容

ブログ型アフィリエイト1年間で行なったことは主に以下のことです。

  • 選定したキーワードで記事の毎日更新
  • ツイッターで毎日記事を宣伝
  • 1ヶ月ごとにアフィリエイトの記事を更新

よかった点

  • 1年間毎日記事を書くだけで1万PVは届く
  • 1年間毎日ツイッターで宣伝するだけでフォロワーが100を超える
  • アフィリエイトにつながる記事で書きたいことはほぼ書き終えた

1年間毎日記事を書くだけで1万PVは届く

筆者の場合は、ブログ型アフィリエイトを運営しておきながら、SEOに関しては全く意識をしてきませんでした。
そんな感覚で1年間毎日記事を書くだけでもおよそ1万PVに到達するということがわかったことは大きな成果だと思います。
さらに競合分析を通じてリライトを重ねていくことで、既存の記事だけでも、もっとPV数を上げていくことができると考えています。

1年間毎日ツイッターで宣伝するだけでフォロワーが100を超える

ブログの記事を毎日書き続けるほかに、書いた記事を毎日ツイッターで宣伝をし続けるということも同時に行ってきました。
この間、積極的にフォロワーを取りに行ったり等はせず、ただいいねをしてくれた方にフォローするだけでフォロワーが100を超えました。
参考までに書いておきますが、相互フォロー専用と思われるようなアカウントからいくつかフォローされましたが、そのような安っぽいアカウントはすぐに消えてしまう傾向がありました。

アフィリエイトにつながる記事で書きたいことはほぼ書き終えた

1年間毎日記事を書くことで、アフィリエイトにつながる記事はこれでほぼ書き終えることができました。
具体的には、プログラミングやプログラミングスクール、転職エージェントやフリーランスエージェント、副業等についてです。
今後は当ブログでも大きく収益が上がれば、アフィリエイトそのものに関する記事も書けるとは思いますが、それはまだまだ先となりそうです。

よくなかった点

  • 期待していた収益を大きく下回った
  • 記事の執筆のために自由な時間が失われた
  • アフィリエイトにつながるネタがもうこれ以上ない

期待していた収益を大きく下回った

ブログの記事を1年間毎日書き続ければ5万円は稼げるようになる、という噂を聞き当ブログも運営を始めましたが、実際はその1/5程度でした。
どうやら個人差が大きく、数か月で数十万円を稼げる方もいれば、当ブログのように1年という月日をかけてもなかなか芽が出ない方もいるようです。
この違いは集客の規模によるものと思われるため、もっと競合分析を行い、稼いでいるサイトの構成を真似しつつ、収益化の最適化を図る必要があります。

記事の執筆のために自由な時間が失われた

ブログを始めてから1~2ヶ月目までは、毎日記事を書き続けることが本当につらかったです。
この時期までは毎朝早起きしてカフェに寄り執筆を続けてきましたが、3ヶ月目ぐらいからは自宅で、しかもどんな時間帯でも書けるようになりました。
ただ、今でもブログ執筆には最低でも2時間の時間は確保しないといけないうえに、本業もあるため、自由な時間は相当失われていて厳しい状況となっています。

アフィリエイトにつながるネタがもうこれ以上ない

この1年間、プログラミングや転職、副業等の記事を毎日書いてきましたが、とうとうネタが尽きてしまいました。
雑記なら書くことはできますが、直接アフィリエイトにつながるような記事はもう書けないといった状況になっています。
キーワードはいくらでもあるとは言いますが、自分が得意な分野に絞るとなれば、限界が来るのはやむを得ないことだと思っています。

ブログ型アフィリエイトを1年間続けて気がついたこと

ブログ型アフィリエイトを1年間続けて気がついたこと

ブログ型アフィリエイトを1年間続けて気がついたことは以下のとおりです。
いずれもよく考えれば当たり前のことではありますが、思い違いをされている方も多いと思います。

  • 記事を書けばPVが増える、PVが増えれば収益が上がる
  • ツイートすればフォロワーが増える、フォロワーが増えればPVが増える
  • アフィリエイトにおいて毎日記事を書くことや1年間継続することは必須ではない

記事を書けばPVが増える、PVが増えれば収益が上がる

筆者が1年間毎日記事を書いて気がついたことは、とにかく記事を増やせばPVも増えるということです。
実際に1ヶ月ごとにPVの増え方を見てきましたが、毎日記事を増やすことでほぼずっと右肩上がりとなっていました。
そして、現在の収益がおよそ1万PV=1万円となっているため、PV数が増えれば収益も増えるということが確認できると思います。

ツイートすればフォロワーが増える、フォロワーが増えればPVが増える

ツイッターでも毎日記事を宣伝していきましたが、自然といいねが付いて、フォロワーも集まってきました。
そして、ツイッター経由でブログを見に来てくださる方も多いため、フォロワーが増えることでPVもまた増えます。
特にブログを始めたばかりの段階ではグーグルからの流入はほぼ皆無のため、ツイッターからの流入はとても重宝します。

アフィリエイトにおいて毎日記事を書くことや1年間継続することは必須ではない

アフィリエイトでは、よく「毎日記事を書かなければいけない」や「1年間は継続しなければならない」という言葉を耳にすると思います。
しかし、筆者から言わせれば、毎日記事を書いても、1年間継続をしても、収益が上がらない人は上がらないですし、逆に上がる人はもっと早い段階で兆候が出ます。
したがって、これらの言葉はあくまでブログの記事を書くことを「習慣化」させるための言葉でしかないため、慣れてきたら、量より質を充実させるようにしましょう。