ブログ型アフィリエイト11ヶ月目の結果【再びPV数上昇】

AFFILIATE

アフィリエイト11ヶ月目の結果を知りたい方に。

この記事を読まれている方は、

  • アフィリエイトの11ヶ月目がどのようなものか知りたい
  • アフィリエイト11ヶ月目のPVや収益がどれくらいか知りたい
  • アフィリエイト11ヶ月目の気づきがあれば知りたい

おそらくこのように考えている方が多いと思います。

この記事を書いている私は、
プログラミング未経験から転職を果たした現役のWeb系エンジニアです。
エンジニア歴は3年ですが、本業とは別にフリーランスの副業で月10万円ほど、多いときで20万円ほどの収入があります。

現在はプログラミングやエンジニア関連の記事がメインですが、進展があればアフィリエイトの記事も書いていきたいと思っています。

この記事では、現役のエンジニアが、アフィリエイト11ヶ月目の結果について、解説していきます。

アフィリエイト11ヶ月目の成績

アフィリエイト11ヶ月目の成績

まず、当ブログ「nekoroblog.com」のアフィリエイト11ヶ月目の成績は以下のとおりです。

ユーザー数 999人
PV数 1467PV
アフィリエイト収益 0円
アドセンス収益 667円

※自分自身のアクセスは除外しています。

いよいよ当ブログも残すところ1ヶ月で運営開始から1年となります。
そんな11ヶ月目は前月や前々月と比較してもユーザ数、PV数ともに増加しました。
収益は現在ほとんど期待していませんが、一応アドセンス収益も前月や前々月と比べると上がっています。
しかし、アフィリエイトに関しては11ヶ月目に入った今でも、一度も収益が上がらず、引き続き課題が残ります。
アドセンス収益も出金可能な金額が7,000円からですので、収益が実際に自分の手に渡って来るタイミングはまだまだ当分先ののことのように思えます。

アフィリエイト11ヶ月目の内容

アフィリエイト11ヶ月目の内容

アフィリエイト11ヶ月目で行なったことは主に以下のことです。

  • 選定したキーワードで記事の毎日更新
  • ツイッターで毎日記事を宣伝
  • アフィリエイトの記事を一つだけ更新
  • ツイッターでSoftbank光のDNSの問題の解決策をツイート

よかった点

  • ユーザ数とPV数が増えた
  • ツイッターのフォロワー数が増えた
  • クラウドソーシングサイトの記事を書き終えた

ユーザ数とPV数が増えた

前月の10ヶ月目ではPV数が9ヶ月目と比べて減少していました。
しかし、今回の11ヶ月目では、その9ヶ月と比べてもPV数が増加していました。
正直、9ヶ月目がピークで、そこに壁があると思っていたのですが、決してそんなことはありませんでした。
結局のところ、記事を書き続けることで、ページの数が絶対的に増えているわけですから、PV数も必然的に増えることが言えると思います。

ツイッターのフォロワー数が増えた

ツイッターのフォロワー数が2020年5月20日現在で98人となっており、もうすぐ100人を突破します。
ツイッターに関してはほぼ宣伝目的でしか利用していないため、こちらから積極的にフォローをすることはありませんでした。
それにもかかわらず、100人近くの方々からフォローして頂けていることはとても光栄ですし、ブログ運営の支えにもなっています。
フォロー頂けた場合は必ずフォローバックをさせて頂いているので、もしよろしければ、ぜひ筆者をフォローして頂けると幸いです。

クラウドソーシングサイトの記事を書き終えた

11ヶ月目は主にクラウドソーシングサイトの記事を書いてきましたが、それも今一通り書き終えたところです。
現在、不況になりつつあるので、転職やプログラミングスクールというキーワードでは今後伸び悩みが予想されます。
そんな中でクラウドソーシングサイトは副業サイトのため、本業と兼業で副業をされる方の数はかなり増えてくると思われます。
特にリモートワークで、なおのこと副業もしやすくなってきているため、時代のニーズに合わせた記事が書けたのではないかと思っています。

よくなかった点

  • 収益が上がらない
  • 次のキーワードが見つからない
  • 無理やり更新している状況となっている

収益が上がらない

アドセンス収益は前月や前々月と比べると微増しましたが、アフィリエイト収益は相変わらず0円です。
アドセンスが同業他社の広告を表示するので食いつぶしているところもあるのですが、外すと本当に収益が0円になりそうで悩んでいるところです。
結局のところ、アフィリエイト広告を貼っているページへのPV数がまだまだ少なすぎるので、集客をいかに増やしていくかが今後の課題となってきます。
いまだに競合分析ができておらず、ユーザが本当は何を求めているのかを把握できていないので、いずれ時間のあるときにリライトで対処していきたいと考えています。

次のキーワードが見つからない

これまで当ブログでは、プログラミングスクールや転職エージェント等の記事を更新し続けてきました。
11ヶ月目ではクラウドソーシングサイトの記事を更新し、ちょうどキーワードを消化し終えたところですが、次のキーワードがまだ見つかっていません。
今のところは商材を比較する記事や副業に関する記事を書こうと考えていますが、1ヶ月分のキーワードも見つかっていないので、実のところ少し焦りを感じています。
筆者としてはキーワードは無限にあるわけではないと思っており、ジャンルをある程度絞ったブログでは、いずれ限界が来ると思っているので、1年の毎日更新後以降についてはもう毎日更新をしないかもしれません。

無理やり更新している状況となっている

クラウドソーシングサイトのキーワードもかなり多めにピックアップして記事にしてきましたが、現在はそれほど無理やり更新をしている状況となっています。
「毎日更新」「1記事3000文字以上」「1年更新」のいずれも必要という噂を愚直に守り、漠然とした考えでここまで更新を続けてきましたが、これらが本当に必要かは疑問です。
少なくとも1年分の記事を書いただけでは、必ずしも有名なブロガーと同じくらい稼げるというわけではないですし、量より質が大事であるということが最近見えてきたことです。
結局のところ、無理にひねり出したキーワードや構成で記事を書いていっても、読者に魅力のあるコンテンツを提供できないので、やはり競合分析が重要のように思えてきました。

アフィリエイトで意識すべきこと

アフィリエイトで意識すべきこと

11ヶ月目でつかんだことをもとにして、アフィリエイトで意識すべきことは以下のとおりです。
これは読者の皆さんというよりは、自分自身に対してのコミットメント色の方が強いです。

  • 記事を増やせばPV数は上がる
  • ツイッターのフォロワー数は強みになる
  • 必ずしも一年の更新は必要なく量より質が重要

記事を増やせばPV数は上がる

当ブログでは、10ヶ月目だけは例外でしたが、基本的には記事を増やせばPV数は上がると思って良いと思います。
そのため、アドセンスで収益を上げるスタイルであれば、ひたすら毎日更新を続けていくことで、確実に収益は増えていくと思います。
しかし、アフィリエイト収益では、一つのページでいかに説得するかにかかっていると思いますので、記事数を増やすことは必ずしも必要にならないと私は思っています。
もちろんブログの名前をある程度宣伝しなければいけないので最初のうちは記事数を増やす必要がありますが、当ブログの経験から、1年分もなくても良いのではないかと思います。

ツイッターのフォロワー数は強みになる

ブログを毎日更新していくことは、いくら習慣化したからといって、決して楽なことではありません。
そんな中でツイッターのフォロワー数が増えていることを見ることは、アナリティクスの数字の上昇よりも嬉しいものがあります。
また、自分の記事の宣伝ツイートに対し、「いいね」が付くことが何度もあるため、モチベーションの維持にもつながっていきます。
筆者の場合は完全に受け身で、自分からフォローをしにいくことはありませんでしたが、積極的に活動することで、よりブログに与える影響は増していくと思います。

必ずしも一年の更新は必要なく量より質が重要

他の成功しているブログを見る限りでは、1年足らずでアフィリエイト収益が大きく上がっている方も結構います。
それにもかかわらず、当ブログは1年近く毎日更新を続けていますが、いまだにアフィリエイト収益が0円のままです。
これは要するに、競合分析などを行いつつ、ユーザが求めるコンテンツを把握して、量より質を高める工夫をする必要があるということです。
ただし、時間のない方ですと、分析まで行っている時間は本当になく、毎日書くというだけで精一杯なので、「毎日更新」と「競合分析」はどちらかを諦める必要があると思われます。